top of page
  • 執筆者の写真BODHI A.

不眠症にはなぜ自然音が効果的なのか


皆さん、気持ちよく眠れてますか?


不眠症は、現代人の多くが経験、または苦しんでいる社会問題の一つであり、日常生活にかなりの悪影響を与えます。睡眠薬は一時的な解決策としては有効かもしれませんが、長期的には健康に悪影響を与える可能性が高いため、自然な方法で不眠症を改善することがより望ましいと言えます。


私の友人にマイスリー(脳機能を低下させるタイプの睡眠薬)とお酒をミックスして毎晩ラリっている輩がいますが、せめて自然な眠気を強くするタイプの睡眠薬ベルソムラや、松果体から分泌される眠りのホルモンと同じ成分であるメラトニン錠など、より安心安全な薬のチョイスを考慮して頂ければと思います。


そんなこんなで薬に代わる睡眠導入のお供として、心地よい自然音を聴きながら心身ともにリラックスして「眠り」につくことをご提案します。


自然の音には、波の音、滝の音、川のせせらぎ、虫の声、雨の音など多種多様なムードがあります。これらの自然の音は「1/fゆらぎ」を含み脳をアルファ波へ導き、心身をリラックスさせる癒しの効果があることは皆さんご存じのことと思います。


当たり前ですが、ストレスなくリラックスした状態で眠ることが、より良質な睡眠につながります。太古の昔から人間は自然の一部として生活してきました。そのDNAに刻まれた記憶によって自然の音は心を安定させリラックスさせるため、不眠症改善にとても効果的なのです。


眠りを司る自律神経が乱れると体内時計の調節が利かなくなり、睡眠に関する不調が起こりやすくなります。自律神経は交感神経と副交感神経の2つから構成されていて、交感神経はストレス反応を引き起こし、副交感神経はリラックス反応を引き起こします。


睡眠中は副交感神経が優位になり、交感神経が抑制されます。このため睡眠の質は副交感神経の働きに大きく左右されます。自然音を聴くことで副交感神経の働きは活発になり、睡眠障害の改善につながります。


また不眠症の人は総じて眠りが浅く、夜中に何度も目が覚める傾向にあります。しかし自然音を聴くこと(かけること)で、生活音・ノイズ等を相殺してマスキングします。これにより睡眠中に起こりえる外部からの様々な音刺激を軽減し、眠りが深くなる環境を整えるため、目が覚めにくく深い睡眠を得ることができます。


不眠症にはなぜ自然音が効果的なのかお分かり頂けましたか?とにかく眠れないという方、これらの効果を感じるためにも一度自然音を聴きながら就寝してみてはいかがですか?


良質な自然音を睡眠のお供に、健康的な「眠り」を手に入れましょう!


関連するアルバム情報へのリンク




閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示
colmun.png

Vakans Column

bottom of page