top of page
  • 執筆者の写真BODHI A.

現代人こそ必要な焚き火の癒し効果


焚き火をただボーっと見ているだけで何だかとってもリラックスできますよね。


そのリラックス効果の正体は薪がパチパチと爆(は)ぜる音や、炎のユラユラ揺らめく「ゆらぎ」にあります。 それは「1/fゆらぎ」と呼ばれ、風にゆらぐ森の木々や川のせせらぎ、波の音、人間の心拍など一定ではない不規則なゆらぎのこと。自然界に存在するものには必ずゆらぎがあります。 炎を見て落ち着くのはその「1/f」=半分予測できて半分予測できない動き方をする自然界のゆらぎに、太古の野性の時代からの経験で人の脳がアルファ波状態になり、癒しや心地よさを感じてしまうから。


焚き火のパチパチという音は、薪の中の水分が過熱され水蒸気が外に逃げる瞬間に、木の導管細胞中の空気と一緒に膨張して導管を破壊したときの音です。 あの音が心地よくて焚き火が好きな人はとても多いですよね。ちなみに楢の木の導管細胞は大きいのでパチパチという音が一段と大きいです。


街や文明から遠く離れた自然環境の中での独りキャンプ&焚き火は、煩わしいことから解放され精神的ストレスを和らげてくれます。 暗闇を照らす炎、やわらかい暖かさ、そして自分自身とじっくり向き合い、五感が開くような体験ができるのも焚き火の特長です。独りキャンプがこれだけ人気なのは、ストレス社会の歪みをどうやって修正するかへの1つの答えなのでしょう。


また複数人で焚き火をすると孤独や不安が和らぎ、自然体でのコミュニケーションがし易くなります。 集中とリラックスを自然な形で一度に得られる焚き火の不思議な効果は、人に柔らかな安心感を与えてくれるので、普段しゃべらないような深い話や本音で話すことができます。多くの人が小さい頃にキャンプファイヤーでのワクワクした楽しい思い出を体験したことがあることでしょう。


現代人こそ必要な焚き火の癒し効果。安眠にも効果ありな焚き火は、安全に鑑賞できるYouTube等の動画でも十分に効果があるので、今宵は部屋を暗くして画面の焚き火映像を照明代わりに、ゆったりリラックスした時間を過ごすのはいかがですか?


関連するアルバム情報へのリンク



閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示
colmun.png

Vakans Column

bottom of page